バツイチ子持ちの私、母の介護、父との確執、不義理な兄たちとの遺産相続争い、成人する娘へのけじめ、唯一の癒しとなる愛猫のお話です。創作ではありません。
そこに愛はありますか?…突然の介護から…
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勝手な言い分の兄を信じるバカな私
2012-06-23-Sat  CATEGORY: 遺産相続争い
10月の半ば、調停9回目で、私が母からの生前贈与された
金額を引いて相続分与するという内容に納得が行かず、
審判にかけたいことを三男に伝えたら、
三男は初めにごっそり父親の貯金をくすねているからか、
「もうこれ以上、長引かせたくない。母の相続のときは
俺の取り分をお前にやるから、今回はこれで終わりにしてほしい」
と頼まれ、私も母の介護、次男嫁のこと、就職など、
ストレスもたまっていたので、この三男の申し出を受けて、
翌月の調停10回目で決着することにした。

三男とはこのときは口約束だったが、この約束を
裏切られるとは想像しなかった私は本当にお人好しのバカである。

税務署員、いまでは国税局に勤める国家公務員のこの三男が
介護を必死でしている自分の妹をコケにするなんて誰が想像しただろう…。

このころ、身上後見人の一人、長男嫁は勤めていたパート先が倒産して、
失業保険を受けながらヘルパー2級の講習を受け、資格を取得してから
友人経営の訪問介護の会社に勤務している。

仕事が忙しく、母の介護はあまり出来ない様子だったのが、
とても皮肉に思えた。長男の責任も果たさないまま、
取った資格で、他人の介護の世話をしている。

もし私が仕事で母の介護をしていたなら、いったい
どれだけの給料をもらえるのだろうか。

つづく
スポンサーサイト
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 そこに愛はありますか?…突然の介護から…. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。