バツイチ子持ちの私、母の介護、父との確執、不義理な兄たちとの遺産相続争い、成人する娘へのけじめ、唯一の癒しとなる愛猫のお話です。創作ではありません。
そこに愛はありますか?…突然の介護から…
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最新医療と特養施設のギャップ
2012-06-28-Thu  CATEGORY: 介護と兄弟関係
なんらかの医療行為が常に発生する患者は、特養などの
入居生活に支障があり、時に退居要求があるようです。

母の場合は、胃ろうで、入居後にこの状態になったので
母の施設では、スタッフが食事時に、各自の部屋にて
処置してくれるとのこと。

ただし、その処置方法は、単に液体状にした食事を
点滴スタイルで2~3時間かけて注入する方法のみを
やっていて、母のように、直接、チューブで短時間で
注入する方法はやっていないし、新たにその注入食を
準備はできないかも…と、言われた。

点滴スタイルのものは母が嘔吐と下痢をするので、
不可であり、また、夕食に介助にいく家族g2~3時間も
かけて注入する方法に時間がとれないと言う問題もある。

最新の医療方法が、まだ施設で適用されないとなると
どうしたものか…。

とにかく施設の栄養士と相談することにした。

つづく
スポンサーサイト
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 そこに愛はありますか?…突然の介護から…. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。