バツイチ子持ちの私、母の介護、父との確執、不義理な兄たちとの遺産相続争い、成人する娘へのけじめ、唯一の癒しとなる愛猫のお話です。創作ではありません。
そこに愛はありますか?…突然の介護から…
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
介護猫「ゆき」
2012-07-14-Sat  CATEGORY: 介護と兄弟関係
この2日間で記載した私の仕事と介護をしながらの
あわただしい毎日の中、春から夏へと時が流れていた。

7月初めに「ゆき」の誕生日として、1歳になり、
やっとワクチンも接種できた。

「ゆき」は私が1日のうち、何回も母の部屋と私の部屋を
出入りする度に、私に付き添って一緒にいるようになった。

ゆき9ヶ月1
母の部屋での「ゆき」

母も「ゆき」がやってくるのを楽しみにし、
「ゆき」もしっかりと母が動けない病人であることを認識し
おとなしく母のそばに座り、私が介護する間は
少し離れて、それを見守ってくれていた。

訪問サービスの人たちにも人気となり、何人もの人たちに
癒しパワーを放っていた。

殺伐とした兄やその家族、ちっとも手伝わずに自分の青春のみを
謳歌していた娘、責任問題ばかりを気にする施設の人たち…

そんな人たちとばかり接してきてすっかり人間不信になった私は
「ゆき」にどれだけ救われたことだろう。
ゆき11ヶ月1


つづく
スポンサーサイト
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 そこに愛はありますか?…突然の介護から…. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。