バツイチ子持ちの私、母の介護、父との確執、不義理な兄たちとの遺産相続争い、成人する娘へのけじめ、唯一の癒しとなる愛猫のお話です。創作ではありません。
そこに愛はありますか?…突然の介護から…
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
定期検診の入院と緊急入院
2012-07-15-Sun  CATEGORY: 病院
母の体調も大きくくずれることもなく、介護生活もみんなが慣れてスムーズに
日々が流れ、再退院から3ヶ月が過ぎた。

しかしまた半年ごとのペグ交換手術をする時期になっていたので、
主治医と面談して、7月中旬に入院した。
今回、検査入院で心配がないことが、私にはとっては
少しゆっくり眠れる休暇のようにも思えた。

もちろん入院中はほぼ毎日通って介助している。
検査の結果、さして悪化しているところもなく、
7月末に無事退院した。

半月ではあったが、私も少し体力気力共に回復していた。

しかし、喜んでいるのもつかの間…、忙しい自宅介護を続けていたが、
2ヶ月後に吸引しても呼吸が荒く、苦しそうにして、
訪問診療の医師に診察してもらい、たぶんまた肺炎になっているのだろうと言われ、
9月中旬、再入院した。

この日は母の87歳の誕生日だった。

いったい今までに何回、入退院を繰り返しているだろう。
もう入院荷物のパッキングのプロになってしまった。

嚥下能力の低下にともない、痰を吸引していても少しずつ誤嚥しているから、
肺炎になってしまうらしい。

今回は母がとても呼吸が苦しそうだったので救急車を呼んで
病院まで搬送してもらった。

救急車を呼んだのは私が倒れて入院したとき以来である。

つづく
スポンサーサイト
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 そこに愛はありますか?…突然の介護から…. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。