バツイチ子持ちの私、母の介護、父との確執、不義理な兄たちとの遺産相続争い、成人する娘へのけじめ、唯一の癒しとなる愛猫のお話です。創作ではありません。
そこに愛はありますか?…突然の介護から…
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次男嫁の奇行と酸素ボンベ
2012-07-16-Mon  CATEGORY: 介護と兄弟関係
肺炎で緊急入院となり、1ヶ月が過ぎようとしていたころ、
偶然以前にいた特養の施設長とコンビニの前で会い、挨拶をかわした。
施設長は私の顔を見るなり「先日また次男嫁さんが来はってね、
私は不在やってんけど、施設長を出せって怒鳴って帰ったらしいです」
と言われた。

どうも前回から半年ほど経っているので、次男嫁は季節の変わり目になると
いつも何か連絡をしているようだと言ってため息をついていた。

弁護士にはまだ相談していないとも言っていた。
私はすでにこの変人「次男嫁」とは関わりたくなく、
とにかく親族として謝るしか返事のしようがなかった。

その1週間後、母は1ヶ月ぶりに退院して自宅に戻った。

しかし今回の退院時には酸素ボンベを業者に手配してもらって、
常に酸素ボンベを着用することになってしまった。

やはり、徐々に体力が落ちてきていて、薬も増え、
器具も増えることが悲しかった。
だが、酸素ボンベをしているお陰で呼吸も安定し、
ここから年明けまで無事に過ごすことができ、
ペグ交換入院までの3ヶ月は自宅で穏やかに介護ができた。

つづく

スポンサーサイト
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 そこに愛はありますか?…突然の介護から…. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。