バツイチ子持ちの私、母の介護、父との確執、不義理な兄たちとの遺産相続争い、成人する娘へのけじめ、唯一の癒しとなる愛猫のお話です。創作ではありません。
そこに愛はありますか?…突然の介護から…
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうだめなのか…
2012-07-20-Fri  CATEGORY: 病院
翌日、私は午前6時にまた病院に戻った。
昨日と変わらない様子だが、昨日のように、何を言っても
問いかけには反応を示してくれない。
もう意識はないようだ。

午後、訪問看護の看護師らが見舞いに来てくれた。
集中治療室に入っているのを見て驚いていた。
母の耳元で「おかあさ~ん、相撲が始まるよ~。帰ろうよ~」と
声をかけてくれた。反応はなかった。

私は朝から、メソメソと泣いていたが、この訪問看護師の
声かけに、思わず涙がボロボロと出た。

母の延命措置はしないように主治医とは話していたので、
人工呼吸器はつけていない。
酸素マスクだけで、自力で呼吸をしている。
その姿はとてもけなげに見えて、私はずっと泣き続けていた。
もうダメか…と思った。

長男夫婦、三男夫婦にも連絡をいれ、
みんな駆けつけてくれて、そばでみんなで無言で見守った。

まるっきり、尿が出ていたい母なので、主治医も看護師も
もうダメだと思っているようだが、何も語らずずっと酸素や
心拍数のチェックだけを続けていた。

午後9時、もう危ない。長男はまったく母を気にかけない次男と
さすがにこの時には連絡をとりあっているようだった。
長男に電話ではこの状況は伝わらないだろうから、
直接、仲のいい長男が次男を呼びに行くことになった。
いくら見舞いに来なかったとはいえ、自分の母親の最後は見届けたいだろうと
思ったからである。

午後10時、長男に連れられて次男がくるが、危篤の母をちらっと見て、
「言いたいことはあるけど、もうええ!」と怒ってそのまま帰ってしまった。
意味がわからなかったが、どうやら母の最後は看取るつもりはないらしい。
誰も、次男を追いかけたりはしなかった。次男嫁はまったく来ていない。

つづく
スポンサーサイト
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 そこに愛はありますか?…突然の介護から…. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。