バツイチ子持ちの私、母の介護、父との確執、不義理な兄たちとの遺産相続争い、成人する娘へのけじめ、唯一の癒しとなる愛猫のお話です。創作ではありません。
そこに愛はありますか?…突然の介護から…
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
母の親切心が…
2012-03-27-Tue  CATEGORY: 病院
入院3日目の昼過ぎ、実家の近所の母の友人がお見舞いにきてくれた。

どうやら母は倒れる前日にこの人の引越しの手伝いに行っていたようで、
掃除や片付けまでして帰った母がこんなになったと、とても責任を感じていた。
この友人が涙ながらに母に話しかけると、母は反応した。
母は謝る友人に何か言いたそうだった。
きっと母のことだから「違うよ、あなたが原因ではないので気にしないで」と
伝えたかったのだろう。

夕方、血圧が185まで上がっている。友人が来たことで興奮したのか?
尿漏れもしていて、オムツ全部を交換。
看護師が「明日はシーツ交換の日で、その時に床ずれ防止マットに取り替えます。
尿の量も計りたいので尿管に管を通して尿を袋にとります。」と教えてくれた。
オムツもそのままで、大便を処理したり洗浄の度に取り替えるとのこと…。

私は「寝たきりになったらこう言うことか…」と現実の厳しい姿に絶句する…。

その後、目薬点眼、検温(やはり微熱)、点滴2回目の3本セットのうちの1本を注入。
残りは夜に入れるらしい。

夕食時に長男と長男嫁がきた。
午後7時に、看護師がきて検温、顔と熱いタオルで拭いて、
その後に口腔内の清拭(濡らしたガーゼを指に巻いて口内を拭く)もしてくれた。

私は後を長男夫婦にまかせて帰宅した。

つづく…
スポンサーサイト
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 そこに愛はありますか?…突然の介護から…. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。