バツイチ子持ちの私、母の介護、父との確執、不義理な兄たちとの遺産相続争い、成人する娘へのけじめ、唯一の癒しとなる愛猫のお話です。創作ではありません。
そこに愛はありますか?…突然の介護から…
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長い入院生活のはじまり
2012-03-28-Wed  CATEGORY: 病院
入院が1週間を過ぎたあたりから、私も毎日通っていて覚悟ができる。
失語症になった母の代わりには必ず家族が付き添っていたほうが
いいだろうし、今後のメドがたつまでは見極める必要もあると思っていた。
なので通勤するかのごとく、毎日朝7時半ごろから夜8時ごろまで、
ずっと病室に通いつづけることとなる。

そうすると、今まで医療や看護、介護などにまったく興味もなかった私だが
看護師の人たちとも仲良くなり、先生とも打ち解けて話せるようになる。

毎日観察していると、病院の事情などもよく見えてくるし、
同室の入院患者やその家族とも話すことも増えた。

寝たきりだった母がリハビリしていくうちに身体を起こしてやると
ベッド淵に足を垂らして座れるようになり、赤ちゃんが成長するように
首も据わって座る姿勢も安定してきた。
毎日のリハビリの大切さを痛感する。

つづく
スポンサーサイト
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 そこに愛はありますか?…突然の介護から…. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。