バツイチ子持ちの私、母の介護、父との確執、不義理な兄たちとの遺産相続争い、成人する娘へのけじめ、唯一の癒しとなる愛猫のお話です。創作ではありません。
そこに愛はありますか?…突然の介護から…
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見よう見まねで習得
2012-03-31-Sat  CATEGORY: 病院
入院生活が続き、少しずつではあるが、母の改善を目の当たりにして、
何気ない声掛けや態度が母を回復させることを痛感する。

母はこの時81歳、高齢ではあるが、私はリハビリでまた
歩けるようになる、復活するとを信じていた。

そんな中、ただぼーっと病室で過ごす自分も嫌だったので
病院での1日の看護や介護の流れ、シーツ交換、着替え、清拭、
部長回診などの1週間のスケジュールを把握し、
なるべく自分でできること(オムツ交換など)は
看護師がやっているのを見て習い、
そのうち、いちいちナースコールをせずとも、自分でできるようになる。

ただ、摘便(手袋をはめて肛門に指をいれ便を掻き出してだすこと)は
躊躇してできない…。

本人の腹圧がなく肛門のところでつまってしまっている便は、
こうやって人が出してやることがが一番いいとのこと…。
解っていても、この時点ではまだ私には無理だった。
ナースコールをして、サクサク摘便する看護師には
頭が下がる思いだった。

看護師に「毎日、こんなことばっかり大変ですよね?」と聞くと
「いや、こんなものは『慣れ』ですからぁ~!ハハ!」と
明るく答えてくれた。

この入院生活の中で、唯一救われたことは、先生も看護師も若い人が多く
みんな明るくて前向きな人が多いことだった。

つづく
スポンサーサイト
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 そこに愛はありますか?…突然の介護から…. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。