バツイチ子持ちの私、母の介護、父との確執、不義理な兄たちとの遺産相続争い、成人する娘へのけじめ、唯一の癒しとなる愛猫のお話です。創作ではありません。
そこに愛はありますか?…突然の介護から…
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嚥下リハビリ開始
2012-04-04-Wed  CATEGORY: 病院

洗髪してすっかりリフレッシュした日の午後、母のところに
嚥下リハビリの先生がやってきた。

私がヨーグルトを食べさせたことを聞いて、主治医がこのリハビリの先生を
よこしたようだ。
ほんとに嚥下ができるかを確認したかったのだろう。

その先生は母に持ってきたゼリーをスプーンで一口食べさせて、
きちんと嚥下できる母を見て、「明日からは朝夕の2回、
このゼリーをゆっくり食べさせて下さい。昼食のときは私が来て
食事介助しながら嚥下のリハビリをします。」と話してくれた。

「口から物が食べられる!」それだけで幸せだったが、
右マヒにより、口の右側から食べたものがこぼれ落ちたり
口内にも嚥下しきれないものが残ってしまうので、
これからは食事の度に、リハビリで咀嚼練習が必要だった。

つづく
スポンサーサイト
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 そこに愛はありますか?…突然の介護から…. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。