バツイチ子持ちの私、母の介護、父との確執、不義理な兄たちとの遺産相続争い、成人する娘へのけじめ、唯一の癒しとなる愛猫のお話です。創作ではありません。
そこに愛はありますか?…突然の介護から…
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リハビリで嚥下力アップ!
2012-04-06-Fri  CATEGORY: 病院
入院して約1ヶ月が経過した。
朝、私はいつものように病院へ。母はまだ眠っている。めずらしい。

昨日、尿管をはずしてずっとぶら下がっていた尿袋から解放されている。

目を覚ました母に「おはよう!」と声をかけ、検温、点眼をすませる。
車いすに座らせて、髪を濡らしてとかす。髪が長いのでゴムで三つ編みにする。
母は元気なときから髪を伸ばして後ろで束ねていたので、
髪をといてもらうのを喜んだ。
こうやって毎日三つ編みにするのも日課になっていた。
まさか母も80過ぎてから、女学生のようにお下げ頭になるとは
おもっていなかっただろうが…(笑)

午前8時朝食が運ばれてきた。嚥下力がアップして食事内容も、
ゼリーだけだったものが、「おもゆ、卵、青汁、牛乳」、
食後に「高カロリーの栄養ドリンク」と、ずいぶん人間らしい食事になっている。
と言っても、すべてペースト状態のものだが…。

味もあまりよろしくないようで、この日は青汁がそうとう不味かったらしく
母は吹き出して「マズイ」顔をする。

その時ふと思いつき、私が持参していた母の好きなあんパンを
一口食べさせてみた。すると母は美味しそうに何度も咀嚼して
ゴクリと食べた。

昼食は、リハビリの先生が来て咀嚼練習しながら食べさせてくれる。
メニューがペーストの「おかゆ、卵、とうふ、ヨーグルト、すりりんご」だったので、
その先生に朝のあんパンの話をしたら、週明けからはもう少し固めの食事に
アップすると言ってくれた。

つづく
スポンサーサイト
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 そこに愛はありますか?…突然の介護から…. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。