バツイチ子持ちの私、母の介護、父との確執、不義理な兄たちとの遺産相続争い、成人する娘へのけじめ、唯一の癒しとなる愛猫のお話です。創作ではありません。
そこに愛はありますか?…突然の介護から…
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無能で無神経な長男
2012-04-27-Fri  CATEGORY: 介護と兄弟関係
自宅介護をスタートさせてから、何週間か経って長男が仕事の帰りに
汚れた作業服のままで見舞いにやってきた。

ベッドのすぐ前にイスを用意し、腰掛けた長男を見て母が気遣って
何か話すが「あも」しか言えてない。

そんな母をみて「字を書かせろ!」と私に言った。
私は唖然としてしまった。ずっと母の病状を理解していると思っていたのに…。
入院して4ヶ月以上経ち、その間長男は何度も見舞いに来ていて、
母が話せないことは知っていたにしても、まさか、字も書けないことも
わかっていなかったのか?!

私たち介護しているものがとても苦労して母とコミュニケーションを取っていることを、
まったく知らなかった長男が情けなかった。

私が怒って「字が書けたら苦労してないわ!」と言うと、
機嫌が悪くなりその場でたばこに火をつけようとした。
「たばこは母の前では吸わないで! 流しの前の換気扇のところで
吸って!」と言うと、長男は「関係ない!」と言ってその場で火をつけた。
私はくわえたたばこを取り上げて、流しのところへ持って行った。
「関係あるからお願いしてるんやろ!!」と口論になった。

長男は「もうええわ!!」と言って怒ってそのまま帰ってしまった。
長男はそれ以来一度もこの部屋に見舞いに来ていない。

そもそも長男は世間一般のマナーを知らず、携帯も病院でも平気で
音を鳴らし、たばこもなぜ世間が禁煙モードになっているかも
まったく気にならないようだった。

つづく
スポンサーサイト
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 そこに愛はありますか?…突然の介護から…. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。