バツイチ子持ちの私、母の介護、父との確執、不義理な兄たちとの遺産相続争い、成人する娘へのけじめ、唯一の癒しとなる愛猫のお話です。創作ではありません。
そこに愛はありますか?…突然の介護から…
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
父の話し相手
2012-04-28-Sat  CATEGORY: 介護と兄弟関係
無神経な長男は、あのたばこの一件があってから来ないが
それが私には救いだった。
もし再々ここへ来ていつも配慮のない言葉や態度をとられると
私にとっては苦痛でしかないだろう。

そんな長男に育ててしまったのは、頑固でケチな父親である。
母が何度も父に殴られ罵倒されるのを見ながら私たちは育った。
父にとって女は家畜みたいな存在だったが、それを見て育った
兄たちもやはり、男尊女卑な人間だった。

母が自宅介護になって以来、父は毎日、午前、午後と1日2回通ってきている。
このマンションを買いたいと父に相談したときには「中古マンションを
買っても何の得にもならない!」と猛反対したが、私はこのマンションが
駐車場権利付きだったこともあり、その当時、ある会社の正社員だったので
ローンもできるし、離婚後、賃貸で家賃を払っていた私にとっては
チャンスだと思って、父の反対を押し切って購入したものである。
そのとき父は「お前のマンションなんぞ、絶対に行かないからな!」と
怒っていた。
皮肉なものでそんな父が、今は母に会いにこのマンションに通っている。

訪問してきた父が母に話しかけてくれるのなら、それはそれでよかったのだが、
暇つぶしも兼ねてやっていくるので、ずっと私に自分のまわりのことを
話しかけてきた。元々、自分の今までの苦労話などをするのが好きで、
話し出すとそれはそれは長い。何回も同じ話をよく聞かされる。

私には介護をしながらのこの話し相手は、だんだんキツくなっていく。

つづく
スポンサーサイト
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 そこに愛はありますか?…突然の介護から…. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。