バツイチ子持ちの私、母の介護、父との確執、不義理な兄たちとの遺産相続争い、成人する娘へのけじめ、唯一の癒しとなる愛猫のお話です。創作ではありません。
そこに愛はありますか?…突然の介護から…
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ケイレンの原因
2012-05-01-Tue  CATEGORY: 病院
朝から母のケイレンでバタバタして、自宅から再度入院の準備をして
病院へ。
入院手続きを済ませて入院荷物を持って病室へ。

検温、目薬点眼。お茶を少し飲むが、それ以外は絶食している。
痰を吸引してもらった。血圧はやや高めだ。

昼前にようやく主治医が来て検診をしてくれた。
主治医いわく、点滴で様子を見るのでまた2週間ほど
入院したほうがよいとのこと。

脳梗塞の患者は脳神経に異常が出てケイレンになりやすいらしい。
それを押さえるにはやや意識を押さえる薬を投与する必要があるらしく、
ちょっとボーっとすることが多くなる副作用もあるとのこと。
それは血流をよくする薬と同じように、一度服用しはじめると
これからはずっと飲み続けなければならない薬らしい。
また薬が増えるのを聞いてちょっと不安だった。

母はその後、もとどおりの意識になり、いつも通りである。
おやつもぺろりと食べる。食欲ももどったみたいだ。

夕方また点滴をし、夕食も介助して、歯ブラシ、うがいをさせる。
検温し、テレビカードを購入して、テレビを鑑賞させた。
面会時間終了間近に、母は落ち着いているので、私は帰宅した。

つづく
スポンサーサイト
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 そこに愛はありますか?…突然の介護から…. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。