バツイチ子持ちの私、母の介護、父との確執、不義理な兄たちとの遺産相続争い、成人する娘へのけじめ、唯一の癒しとなる愛猫のお話です。創作ではありません。
そこに愛はありますか?…突然の介護から…
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人が来る日でよかった
2012-05-07-Mon  CATEGORY: 介護と兄弟関係
私が倒れて動けないまま、時間だけが過ぎていた。

そう言えば今日は午前中に、訪問リハビリの先生がやってくる。

昼前にドアベルが鳴り、私は這って玄関まで行き、ドアのロックをはずして
倒れている私を見たリハビリの先生は驚いていたが、
話を出来る私はなんとか事情を説明して、ケアマネージャーに電話してもらった。

ケアマネージャーの指示でそのリハビリの先生が救急車を呼んでくれた。

保険証などのある場所を伝えて、準備してもらい、
救急車が来たらすぐに私と、車いすの母も一緒に母の入院していた病院へ連れて
行ってもらった。

まさか、私がタンカーで運ばれるなんて…。

今回、このリハビリの先生が私と母の命の恩人となった。
本当に、この日がだれか訪問してくる日でよかったと思った。

病院に入ったら、先日私の検診をした部長が驚いて
「2人とも入院!」と看護師に叫んで、みんなで手続きを手伝ってもらい、
母がいた病棟に上がった。

病棟の看護師たちも、母でなくて私が運ばれてきたことに驚いていた。

私は、ますます具合が悪くなり、吐き気が止まらず、
目はグルグル回転したままだった。
点滴、座薬、いろんなことをされていたが、段々意識が薄れて、
眠ってしまう。
でも薄れる意識のなかで、母はどうなるのかだけが心配だった。

つづく
スポンサーサイト
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 そこに愛はありますか?…突然の介護から…. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。