バツイチ子持ちの私、母の介護、父との確執、不義理な兄たちとの遺産相続争い、成人する娘へのけじめ、唯一の癒しとなる愛猫のお話です。創作ではありません。
そこに愛はありますか?…突然の介護から…
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
複雑な涙の退院
2012-05-15-Tue  CATEGORY: 病院
自宅介護の場合はレンタル介護用品が利用できるが、
入院や施設入所の場合は返還しなければならない。

母が、自宅介護に戻らず施設に入ると決定した時点で、
私はすでにすべてのレンタル品を業者に返還して、
レンタルで使用していたものと全く同じ車いすを、
インターネットで格安のものを見つけて購入していた。

11月に倒れた私と一緒に入院した母だが、3月の春ようやく退院だ。

退院の日は、朝早くに購入した車いすを持参して病室へ行った。

いつものように目薬点眼、髪をとく。薬を飲み、朝食の介助後、
歯ブラシとうがい。今日は何回もトイレにいきたがり、
その都度、便が出ている。昼食をすませ、退院準備をした。

荷物をまとめ、入院費の清算など、退院のときはバタバタ忙しい。

昼一番に、母は看護師たちと涙の別れをした。
いつもは自宅に戻れるので喜びと感謝の涙だが、
今回は施設に行くので、感謝と、不安の混じった涙のようだった。

病院の救急車で入所する隣の区の施設まで送ってもらった。
最後まで親切な病院だった。

つづく
スポンサーサイト
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 そこに愛はありますか?…突然の介護から…. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。