バツイチ子持ちの私、母の介護、父との確執、不義理な兄たちとの遺産相続争い、成人する娘へのけじめ、唯一の癒しとなる愛猫のお話です。創作ではありません。
そこに愛はありますか?…突然の介護から…
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大人用のオムツ
2012-03-22-Thu  CATEGORY: 病院
病室に母の身体を清拭にきた看護師から大人用のオムツを
買ってくるように言われる。
でも母のそばから離れたくなかった私は、どこへいつ買いに行くかを
悩んでいた。
そのとき長男が見舞いにやってきた。長男も母の容体をみて驚き、
私がどこかでオムツを買ってきてくれるように頼むと、
すぐに出てどこかで買ってきてくれた。

後で気づいたのは病院の最上階に売店があり、
そこでオムツや尿とりパッド、その他消耗品も売っていることだった。

この後の入院中はすべて私がその売店でオムツほかを購入している。
そう言えば母が元気なときに「私はオムツなんて絶対イヤや。」と言っていた。
でももうそんなことは言っていられない状況が悲しかった。

休日のこの日、午後三男もやってきたが、動けない母を見て驚いている。
点滴をするだけの母をみんなで見つめる。

看護師がオムツの取替え、点滴の補充、体位の変換など定期的にくるのを
ただ呆然と眺めて、意識のない母を見つめているだけで、夜になってしまった。

面会時間が終了したので、しょうがなく全員で帰宅する。

ちなみにこの日も次男は来ていない。

つづく
スポンサーサイト
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 そこに愛はありますか?…突然の介護から…. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。