バツイチ子持ちの私、母の介護、父との確執、不義理な兄たちとの遺産相続争い、成人する娘へのけじめ、唯一の癒しとなる愛猫のお話です。創作ではありません。
そこに愛はありますか?…突然の介護から…
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
問いかけに反応した!
2012-03-23-Fri  CATEGORY: 病院
小康状態が続いた入院3日目、私はいつものように午前7時半に病室に入る。

母は寝たきりだが目のまわりが目ヤニでバリバリになっている。
白内障もわずらっているので目薬をさし、ガーゼで目を拭いた。
その後、朝の検温をした。あいかわらず微熱が続いている。

唇も乾燥しているのでリップクリームをつけた。
右側がまったく動かないので、右手、右足を少し動かしてみた。
硬くて動かしにくい。

10分ほど経って母の耳元で「お父ちゃんのこと気になるか?」と
話しかけてみたら、なんと泣き出した!
やっぱり意識はあり、こちらの言うことは解っていて話は聞こえている。

ただ身体はまったく動かないようだ…。すぐに看護師にそのことを伝えた。

つづく
スポンサーサイト
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


Copyright © 2017 そこに愛はありますか?…突然の介護から…. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。